理想の住まい!あなたはどの方角が好み??

皆様が理想の住まいと考えるのは東・西・南・北 どの方位でしょうか?マイホームを検討されている際、ご自身がこれから長く住まわれる家ですから方位は気になるものです!方角によって日差しの差し込む時間帯などが変わってきます。どの方角がご自身のライフスタイルに適しているのかいろいろな角度よりご紹介していきます。

Contents 

東向きの特徴 メリット・デメリット

早朝からの陽ざしを感じられ一日の始まりを迎えられます。また、寝室のカーテンを少し開けておくことにより、隙間から朝陽ざしを感じることで体が朝が来たと感じるらしく無理なく起きられるそうです。体内時計をリセットしてくれるとも言われています。ただ、早朝より午前中に日差しを浴びた分、午後からは日が入らないと感じることもあるようです。洗濯物・お布団など午前中早めにほした方がよさそうですね!

・『東向き』に適している方(朝・充実派)早く起きるのが得意で、朝の時間を有効に過ごされる。また、午後からはお仕事や外出される機会の多い方。

 

西向きの特徴 メリット・デメリット

午後の日差しが入るので、何といっても冬は暖かいので暖房費など節約ができます。午後から洗濯物を干しても乾きやすいですね。冬は暖かく感じられますが、夏の西日は強烈でお部屋に熱気がこもり、夜になっても室温が下がらず寝苦しいことも「エアコン」や「グリーンカーテン」などで熱中症対策を講じる必要がありますね。

・『西向き』に適している方は(午後・活動派)早朝より日差しが入らない為、朝はゆっくり寝ていたい夜間勤務の方や、午後の時間から活動される方

 

南向きの特徴 メリット・デメリット

以前より人気の高い南向き、午前から午後にかけてまんべんなく日当たりがいいのが魅力です!人気の方角の為、やはり価格は少し高めの設定となることが多いようです。

・『南向き』に適している方(日中・自宅派)全般に南向きを嫌がる方はいないと言っていい方角です。在宅でお仕事される方や日中を自宅で過ごされる時間が多い方

 

北向きの特徴 メリット・デメリット

まず価格です!!敬遠されがちな北向きですが価格が他の方位よりも割安になることが多いのが魅力です。そして夏を涼しく過ごせる(電気代節約)

家具・フローリングなどの日焼けの影響が少ない。湿気やカビなど心配という声も・・こまめな換気などで対策しましょう!

・『北向き』に適している方(外出・アクティブ派) 敬遠されがちな北向きですが日中は家を空けていることが多い方。 日中日差しが入らなくてもあまり気にされない方

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は東西南北・方位に関する内容をご紹介しました。

どの方位を選んだとしてもメリット・デメリットがあることはお分かりいただけたでしょうか。高い建物が周りにあれば日照時間が長い方角でも日差しが入らないなんてこともあったり、日照が少ないといわれる方位であっても、敷地の広さや開放感のある吹き抜けがあったりいろいろな工夫次第で快適に過ごすこともできると思います。ご自身の生活のリズム(ライフスタイル)に合った理想の住まい選びの参考にしていただければ幸いです。

埼玉県川口市の不動産会社「ハウス壱番館」では、新築戸建てを購入を検討されている客様おひとりお一人に合ったライフスタイルにあったきめ細やかなサポート体制を整えております。マイホームをご検討の際はお気軽にお問い合わせください。公式ホームページ・お電話により承っております。

 

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031