バリアフリーに適した一戸建て新築とは? 選ぶポイントや値段などについて


高齢社会の近年、老後を考えてバリアフリーが整っている新築を選ぶ人が増えています。しかし、実際にバリアフリーとはどんなものなのか、詳しく知っているという方は少ないでしょう。

今回はバリアフリーに適した一戸建ての新築、さらに新築一戸建てを選ぶときに特に気を付けるポイント、また新築一戸建てを選ぶときにどんな人に相談すれば良いのか、そしてお値段についても詳しく解説します。

1.バリアフリーに適した一戸建て新築とは?

一般的にバリアフリーの家というのは介護が必要となる方はもちろん、介護が必要なく生活できる方でも、誰でも使いやすいことが大事になってきます。いくつかバリアフリーとはどんなことが必要なのかいくつか挙げていきます。

●トイレは寝室の近くに作っておくこと(できれば車いすの場合も考えて広めに)
● 洗面台の高さやリビングのテーブルの高さ(テーブルは調整できるとなお良い)
● キッチンも、高さが、調整ができると良い
● 玄関にスロープを設置
● 廊下やお風呂は広めに作って、特にお風呂には滑り止めが大事
● 緊急コールボタンの設置
● トイレの手摺り
● 補助ベンチ
● 照明スイッチやコンセントの場所
● バリアフリー対応のお風呂、お風呂のドアの変更
● 高齢者の人のためにトイレやお風呂に暖房機があるか

基本的に上記のことをクリアしている物件がバリアフリー付きの新築一戸建てとなっています。全てではないので、会社によっては仕様内容が異なる場合もあります。

上記以外にも実際にバリアフリーとして必要な対策はほかにもあります。例えばバリアフリーといっても介護される方に配慮するだけではなく、介護する方の負担も考えて、お互いに負担やストレスが少なくなる設計の物件であることも大事な要素です。

特にトイレの手摺りは介護される方だけではなく、介護する方が手伝うときに手摺りを必要になるときがあります。介護者も自分で動ける範囲内は人それぞれであり、手伝う人も力が必要です、介護者の態勢を支えるための手摺りも大事です。

2.バリアフリー新築一戸建てを選ぶ際の気を付けるポイント

バリアフリー新築一戸建て住宅の購入を考える前に、どのエリア(地域)が良いのかを考えておくことが第一に必要になります。

2-1.エリア内にバリアフリー付きの新築一戸建て住宅があるかの確認

住もうと思っているエリア内にバリアフリーがされている建物かどうかを事前に調べておく必要があります。特記事項などにバリアフリーがしてあるか書いてあるかどうかなど調べておきましょう。そしてバリアフリーがされているところかを確認した後に、できるなら見学をおすすめします。

2-2.見学時に特に気を付けるポイント

見学をする際にバリアフリー化を特に気を付けてみておくポイントとして、廊下と階段の高さや広さの確認が大事になってきます。

何故かというと、廊下や階段は後から増築などができにくいことや費用もさらに掛かってしまうため、見学をするときには確認させてもらえるなら、廊下や階段の高さや広さは十分に確認しておいたほうが良いです。

3.相談に乗ってもらう人はどんな人が良い?

第1段階としては優先順位をある程度決めているならハウスメーカー、建築事務所に相談をするべきです。基本的にあまり情報を知らぬまま購入まで決めてしまうよりも、ハウスメーカーや建築事務所に優先順位や費用などを相談することが必要でしょう。

次にある程度一般的なバリアフリーがされているのはもちろんですが、実際に住むことになるのは本人と介護する人であり、例えば介護士やヘルパーの方にも前々からお世話になっているなら新築一戸建てに引っ越すときにアドバイスしてもらうと良いです。

日頃来てもらうことになる人からの目線と介護される方の目線で考えて選ぶことで購入後に増築の必要もなくなりますし、後悔することも少なくなるでしょう。

また最近では地域の福祉介護事務所などでも、バリアフリーがある家について、相談に乗ってくれるところもあります。さらに地域にもよりますが、助成金や補助金を出している地域もあります。一度確認をしてみる価値はあります。

4.バリアフリー付きの新築一戸建てのお値段の相場

バリアフリー付きの新築一戸建てのお値段の相場としては、約2,500~5,000万となっています。そもそもバリアフリー付きでなくても最近では人口が増えている地域では物価が上がっています。それでもある程度、優先順位を下げればできる限り安く購入もできるでしょう。

また、価格が2,500万前後であってもバリアフリー付きはもちろんのこと、例えば、耐震実証実験検証済みであることや駅に近い新築物件、駐車スペースがある、日当たりが良好であること、トイレがちゃんと2ケ所あるなど、探せばそこそこの価格でも良い物件はいろいろと出てきます。

5.まとめ

何かのきっかけで障害を持ってしまった人や、高齢化に伴う介護は増えてきているため、バリアフリー付きの新築一戸建て物件は、少子高齢化社会に求められています。特に最近、人口が増えつつあると言われている埼玉県の川口市ではバリアフリー付きの新築一戸建てが増えてきています。

「有限会社ハウス壱番館」では、特に埼玉県の川口市・さいたま市緑区などの新築一戸建てを取り扱っております。また価格はもちろん、求める地域から、バリアフリー付きであるかなどをサイトの物件検索で詳しく調べることもできます。

もしバリアフリー付きの新築一戸建てのお引っ越しを考えている、悩んでいるならぜひ当社へお気軽にお問い合わせください。

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930