「働く母親」が望む住まい探し!

 

以前、弊社コラムで

 

「子育てにやさしい住まい探し」

 

と題して、

「子育て世代」を対象にしたアンケートをもとに、

子育て視点での住まい探しについてご紹介させていただきました。

 

その際に、周辺の環境として重視されたのは

「治安」「買い物施設」「病院」でした。

 

そんな中、「育児休暇中は保育園を退園」というニュースが

今、世間を騒がせています。

 

しかし、よくよく下記のアンケートを見てみると、

育児施設は13位にあり、あまり重視されていない事がわかります。

 

 

 

 

これだけ世間を騒がせているのに

重視されていないのは何故なのか?

 

その答えは、「働く母親」を対象にした

アンケート結果(アットホーム調べ)にありました。

 

今後、増えていく事が予想されている「共働き世帯」。

今回は、そんな世帯の中でも特に

「働く母親」が望む住まい探しについてご紹介したいと思います。

 

 

1.近くにあったらうれしいもの

 

 

近くにあったら嬉しいもの第1位は

「保育所」という結果になりました。

 

先日のアンケートは子育ての世代を対象にしておりましたが

その中では、共働きの世帯は少なかったのかもしれません。

 

次いで、「自分(母親)の勤務先」「自分(母親)の実家」となっており

先日のアンケートでは第8位とランク外の項目が並んでいます。

 

通勤時間や手助けを求めやすい実家等の

環境を重視しているのがわかります。

 

 

2.保育所探しについて

 

 

保育所を探すのにあたり、

「苦労した」もしくは「今苦労している」と答える人が40.5%

その中でも首都圏では50.5%という結果になりました。

 

保育所の場所は、圧倒的に自宅のそばを望む人が多く

逆に手助けを求めやすい実家近くは極端に少ないようです。

 

共働きを選択する際には

色々な事を検討するかと思いますが

その中でも、周りに出来るだけ迷惑をかけないようにしたい、

という気持ちの表れなのかもしれませんね。

 

 

3.今後住まいを購入する際について

 

 

今現在の住まいを探す際には

「入所できる保育所の有無を考慮する」という意見が31.7%であったのに対し

今後住まいを購入する際には、61.6%となりました。

 

子育てを実際に行ってみて

初めて気づく事の多さや、その大変さを物語っているような結果と言えそうです。

 

 

4.総括

いかがでしたでしょうか?

 

共働き世帯は、育児施設に関して、

きちんと情報収集をしておかないといけない、

という意識がかなりを占めているのが分かります。

 

土地から探して注文住宅を建てるにしても

建売住宅を探すにしても

育児施設の有無や、その空き情報を入手する事が大切です。

 

弊社HPでは、物件の情報はもちろん

近隣の育児施設についてもご紹介させていただいております。

(育児施設の名称と物件の所在地からの所要時間(徒歩)が記載されています。)

 

他にも、小学校や中学校等の教育施設や

スーパーやコンビニ、病院等の周辺環境も記載しております。

お子様の成長につれて必要な施設も変わりますので

是非、ご参考にしていただければと思います!!

 

 

⇒川口市、蕨市、戸田市 の物件探し

 

⇒さいたま市(緑区・南区・浦和区・見沼区・岩槻区)の物件探し

 

 

埼玉の不動産 ハウス壱番館の鈴木でした^^

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930