木造戸建ての建て替え時期は30年が適切と言われているけどこれは本当なの?


木造戸建ての建て替え時期で目安とされているのは約30年です。しかし、必ず30年でなければいけない理由はありません。今はリフォームによって対応することも可能ですので、状況にあった選択をされるとよいでしょう。当記事では、そんな建て替えとリフォームについてポイントごとにご紹介しています。ご自身のケースに合った対応がわかるようになり、建て替えとリフォームの違いをご理解頂けます。

1. 建て替えのポイント

建て替えにはポイントがあります。「どうやって住まいを良くするか」と悩まれている人ほど、ポイントを確認した上で対応されるとよりよい建て替えを行えるでしょう。

1-1. 老朽化による建て替え

建て替え時期ですが、大まかにまとめると次のとおりとなります。

・老朽化が進んでいる
・新築から約30年経過した
・ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化は若い人たちに多いのですが、こちらの場合は建て替えよりもリフォームを選んだほうがよいでしょう。というのも、「プライベートで利用できる部屋が欲しい」というケースが多いため、リフォームのほうが合っているからです。

建て替えについては、老朽化か年数を参考にしたほうがよいでしょう。老朽化のケースでは、ドアの開閉が困難になるなど、日常生活に支障を及ぼす問題が起きているため、物件の建て替え時期と判断されることが多くあります。年数のケースでは、経済的に余裕が出てきたので建て替えを選ぶ人が少なくありません。子どもの人数が増えてきたので建て替えを選択するというケースもあります。

1-2. リフォームと比較

建て替えとリフォームの違いをまとめると、次のとおりとなります。

・リフォームは限定的な建て替えに相当する
・建て替えは前の建物を壊し、新しい建物を建てること
・リフォームのほうが安くすむ

リフォームでは対処できない問題は、建て替えを検討するしかありません。建て替えの場合はリフォームに比べて長期間の工事が必要となるため、こちらも考慮に入れてどちらを選択するか決めるとよいでしょう。

補足となりますが、リフォームのほうが建て替えより安くすむのは事実ですが、建て替えより「総合的に安くなる」とは限りません。家全体の老朽化が進んでいる場合、あちらこちらのリフォームが要求されるようになり、その結果として建て替えを選ぶケースもあります。

2. 注意すべきポイント

建て替え時期で悩んでいるのであれば、外部要因についても知っておいたほうがよいでしょう。外部要因によって、建て替えそのものが難しくなることもありますので注意してください。

2-1. 外部要因も取り入れる

建て替えの外部要因とは次のようなものを言います。

・消費税
・住宅ローン金利
・諸経費

現在まで、消費税率は段階的に引き上げられてきました。昔であれば5%を切っていたこともあります。しかし現在は消費税率が10%となっていますので、昔に比べて今のほうが建て替えの検討に時間がかかります。

これは住宅ローン金利にもいえますので、ローン返済の内訳書を確認する際は、両方とも確認しておいたほうがよいでしょう。諸経費については、業者によって異なるのもポイントです。建て替えにかかる費用が大きくぶれることもあるので注意してください。

2-2. 建て替えの順序を把握

建て替えの大まかな流れは、ほぼすべての業者で同じ流れです。

1.建て替えの相談を行う
2.建て替えのプランが決まる
3.住宅ローンの説明を受ける
4.住宅ローンに申し込む
5.仮住まい先を決める
6.住まいの解体
7.建て替え工事が始まる
8.物件の引き渡し

ここで重要となるのは、「6.住まいの解体」を行う際も料金がかかることです。建物の建て替え時期だからという理由のみで、建て替えの依頼を終えてしまうのは良くありません。意外なところに料金が発生し、建物の建て替えを焦ってしまっただけの結果になり得ます。

また、建物の引き渡しには工事内容にもよりますが、約3か月~6ヶ月かかるとされています。そのため、物件の建て替え時期について考える時は、「仮住まいに長く住めるのか」チェックしたほうが、より安心できる建て替えになります。その他の注意点として、「説明を受けてから」話を進めるようにしてください。焦って建物の建て替えを進めている場合、業者のほうから「予約が多いのですぐに着工できない」と言われることもあり、余計に焦ってしまう人はいます。

その際に、リフォームローン返済の説明などをしっかり受けていませんと、ローン金利や諸経費で損をしてしまうことがあります。

3.まとめ

今では、ライフスタイルの変化もあり建て替えではなく、リフォームを選ぶ人が増えてきました。しかし、リフォームが建て替えよりも安くすむという保証はありません。建物の建て替え時期が迫っている場合は、建て替えを選択したほうが安くすむかどうか、業者に確認しておいたほうがよいでしょう。さらに、リフォームローン返済の費用に関係している外部要因も確認しておきます。今は消費税率が上がっていて、住宅ローン金利が下がっている状況です。現状を踏まえたローンシミュレーションを行ってください。

「ハウス壱番館」では、住宅の建て替えやローンの相談にも対応いたします。少しでもリーズナブルにローンを組みたい、信用できる業者と建て替えの相談を進めたい場合は、ハウス壱番館を頼りにしていただけると幸いです。

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031