税金を『得して』購入できる新築一戸建て!!

 

お部屋探しは、『大変!』と思っているあなた。
人が住んだ家(中古一戸建て)や、真っ新な家(新築一戸建て)を検討、探しているが『なかなか見つからない・決められない』と悩んでいませんか?

 そこで今回は、不動産でお悩みの方に、税金得して購入できる新築一戸建てをご紹介したいと思います。

 

『税金を得して購入できる新築一戸建て』とは何なのか?
その答えは、長期優良住宅の新築一戸建てです。

 

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。
物件の紹介の前に、少しだけ長期優良住宅についてふれたいと思います。

 Contents 

『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』とは

 

長期にわたり、良好な状態で住宅を使用する為の、措置が講じられた住宅の普及を促進するために作られた法律です。
建築及び維持管理(保全)を計画・申請し、所管行政庁が認定する制度です。

 

この、長期優良住宅の認定には、いくつかの条件があります。

 

1.構造躯体等の劣化対策

建物の構造や骨組みを堅固にし、永代にわたり住めること

 2.耐震性

地震に対して、建物の改修を容易にできること

 3.可変性

住居者の、生活スタイルに合わせた間取りの変更が可能なこと

 4.維持管理・更新の容易性

構造躯体と関係なく、設備等(配管の維持管理等)を容易に行う事ができること

 5.高齢者等対策

バリアフリー改修に対応できること

 6.省エネルギー対策

必要な断熱材等が省エネルギー性能に適合されていること

 7.一定以上の住宅規模

必要な規模を有し暮らしやすい住戸面積

 8.良好な景観の形成への配慮

住宅環境が地域に密着し、居住環境の維持等が配慮されたもの

 

条件がクリアされ認定されると

建築主等(建売業者等)は、新築一戸建て購入者の定期点検や必要な補修・交換等を行います。

 また、住宅履歴情報(記録)の作成及び保存を行います。一言で言えば、認定時の書類、定期点検の結果等の保存を行います。

 

長期優良住宅の『得する』税金の特例措置

新築一戸建て(長期優良住宅)購入により、一般住宅と比較すると税金がコレダケ『お得』なります。

 参考までに、平成26年4月から平成31年6月まで

 

所得税(ローン減税)
  控除対象限度額 控除率 控除期間 最大控除額
一般住宅 4000万円 1% 10年間 400万円
長期優良住宅 5000万円 1% 10年間 500万円

【控除対象限度額が 1000万円 最大控除額が 100万円 得します】

 

 

登録免許税
  保存登記 移転登記 抵当権設定登記
一般住宅 1.5/1000 3.0/1000 1.0/1000
長期優良住宅 1.0/1000 2.0/1000 1.0/1000

【保存登記・移転登記が 1.5/1000 得します】

 

 

固定資産税
  期間 軽減税率
一般住宅 1~3年目 1/2
長期優良住宅 1~5年目 1/2

【固定資産税が 2年間 得します】

 

上記、所得税(ローン減税)・登録免許税・固定資産税は特別措置として
長期優良住宅の方が、一般住宅と比較して得する仕組みとなりました。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?長期優良住宅購入で税金が得になる。
得をするといえば、他に住宅ローンもあります。

 

通常は、最長35年の住宅ローンが多いですが、民間金融機関が、長期優良住宅(認定)について最長50年の住宅ローン(フラット50)を提供できるように、住宅金融支援機構が支援しています。年齢を多く重ねていない方々にお勧めします。

 

長期優良住宅の新築一戸建てをお探しの方は、ぜひ、埼玉県川口市のハウス壱番館までお問い合わせください。

 

【関連記事】

【物件検索】

3000万円以下 新築戸建て

 新築戸建て

中古マンション

お問い合わせ

2020年7月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031